2006年08月09日

宮○監督も訪れた!? 〜小さな魔女の森〜

最近物覚えが悪くなった


・学名のたかが百やそこらが覚えられない→追試を食らう

・人の名前を三度聞かないと自信を持って呼べない→一度会った人と友達になれない

・携帯が無いと文が書けない→ゆう便局、けい帯、完ぺき




あれ?このシワだらけの手は何?

え?鏡に映るこの老人は私?

脳みそのシワが全て手に移ってしまいました (トグロ兄)


老化が進んでいる…













というわけで、魔女に会いに行ってきました
地図.JPG







ちょうど新しくもらった自転車の性能を確かめに、峠に行きたいところだったんだ




目指すは大倉山ジャンプ場の少し先、「小別沢峠」







自宅から1時間弱だな





お、見えた!小別沢入り口.JPG
























正直なめてました






「何この坂!?冬どうすんの!?近隣住民も困るでしょう?」



地元住民にとって今更なことを勝手に叫びつつ






登る







支笏湖を目指す自分としては、市内の坂くらい余裕で登りたい




「絶対足なんかつかねぇぞ」



シフトがどんどん下がっていく




「いつまで登ったら一息つけるんだ…」




シフトが一番下に入る




「………」




ちょっと泣きそうになりました…









それでも吐き気と共に登りきった、その先にめざす魔女がいる!!












でもその前に




頂上部に割りと綺麗なトンネル






旧道があるに違いない!




廃隧道狂いの友人を持つ俺にとって




これを確認せずに坂を下るわけには行かない




この道か…




アブもたかる速度でわき道を登る…




うわ!何コイツ!?


何故かヤギが木につながれている!



付近の家(小屋?)を覗くと








「やぎや」やぎや.JPG







なんじゃそりゃ!!







なんだか怖かったので中には入りませんでした






魔女がいそうな感じがしてきた







その先に、しっかり旧道発見





でも






小別沢旧トンネル.JPG落書きだらけの壁に塞がれている…







しかも中に







煙!?






何故に!?





反対側の出口は見えず






なぜか白煙で充満する旧トンネル…〓??????.JPG







魔女がいそうな感じがしてきた!









肩で息をして高鳴る鼓動を押さえる




カブの案山子を探しながら快適な下り道を行くと…









地図ではこの辺にわき道が…




あれか?








魔女?1.JPG



細!!









しかもこの道、自転車では下れないくらい急坂





(右に回りこむ道)魔女?2.JPG






魔女がいそうな感じがしてきた!!!














でも…










あれ!?







道が無くなった?









工事現場しかない!!魔女?3.JPG






なぜだ〜〜〜〜〜!!!!







もう移動してしまった後なのか…





そんな…














(もう街があんなに遠くに見える…)









残念ながら今回は魔女に会うことができませんでした…




いや、こんなことで諦めてたまるか!!




きっと見つけてやるぞ、待ってろよ○ウル!!





banner2.gif
posted by ゲン at 02:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の珍スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。