2006年11月28日

上士幌町幌加温泉鹿の谷温泉旅館 〜原生林の中の1軒宿〜

帯広から国道273号線を真っ直ぐ北へ。
十勝と上川の境を成す三国峠の手前。
看板に従って脇道に入り、道なりに進んでいくと幌加温泉はあります。
辺りには人家は一軒もなく、正に原生林の真っ只中の秘湯です。

horoka01.JPG

非常にこじんまりとした印象。
山奥の一軒宿という雰囲気がプンプンして良い感じです。

ちなみに入口付近から温泉が流れ出ており、
天然のロードヒーティングとなっています。

お値段は大人500円と、なかなかリーズナブルです。

horoka02.JPG

内湯です。
様々な泉質があり、幌加温泉の魅力の一つと言えるでしょう。
手前の湯船からナトリウム、鉄、カルシウムとなっています。
写真では見えにくいですが、奥に打たせ湯があります。

なお、手前のナトリウムの湯船の半分は囲いで仕切られており、
壁側が女性専用湯船になっています。
まぁ…壁はあってないようなものです。

horoka03.JPG

露天風呂です。
正に大雪山系の谷の中。
全裸のまま入山することも出来ます。

露天風呂は硫黄泉で、独特の香りがします。
湯温もちょうど良いです。
湯に入っては、山に入りクールダウンというのも良いでしょう。
ただし遭難には注意です。


幌加温泉鹿の谷温泉旅館

アクセス    易★★☆☆☆難 国道からは1km強の舗装路
雰囲気     悪★★★★☆良 大自然に囲まれた秘湯
湯の満足度   低★★★★★高 泉質の多さが魅力的!!

【備考】
@温泉手前に急坂有り。冬はスリップ注意。
A山奥ですが、一年中行けます。
B全裸での入山は自由ですが、湯船に入る時は汚れを落とすこと。


banner2.gif
posted by てんくう at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の公共温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。