2006年11月29日

苫小牧市有珠の沢の湧水 〜支笏湖カルデラの美味しい水〜

去年辺りだったか、私たちの周りでは空前の名水ブームが巻き起こっていました。
夜な夜なポリタンク片手に車で札幌を飛び出し、
飲みきれない程の水を持ち帰り、余った名水で洗濯をしたものです。

様々な名水スポットを巡り、日々新たな湧水を探していた時のことです。
苫小牧市に名水が湧いている。
苫小牧市と言えば、道内屈指の工業都市であり、
名水とは程遠いようなイメージを、私は抱いていたので、正直意外でした。

これは行くしかない!!

早速札幌を飛び出したのです。

今回紹介する湧水は苫小牧市街地の北、
支笏湖のカルデラを成す樽前山の裾野に広がる森の中にあります。
そこへのアプローチは非常に分かりにくいものです。

道道苫小牧環状線で苫小牧市街地西部を走っていると、
道道は有珠川を渡ります。
有珠川の右岸に沿った道があるので、曲がって山側へ向かってください。
看板の類はないので、地図でよくご確認を。

川沿いの道を北上していると、やがて住宅街が途切れ、
高速道路をくぐった所で砂利道になります。
これより先は鬱蒼とした森の中をウネウネと進みます。
見通しが悪く、離合が若干困難です。
砂利道を2km程進んだ所で、少し開けた所があり、そこがゴールです。

周辺はヒグマが出そうな森の中。
クマ避けの鐘の音が不気味な音を立てています。

usunosawa01.JPG

肝心の湧水は道の脇。
階段を降りたところにあります。

usunosawa02.JPG

写真のようなパイプが何本かあり、水が勢い良く噴き出しています。
混雑していても、これなら長時間並ぶこともなさそうです。
思う存分水を飲みましょう。

味は…水の味と言うものはよく分からないのですが、クセのな味です。


有珠の沢の湧水

アクセス  良★★★☆☆悪 狭い砂利道を行く
混雑度   空★★☆☆☆混 人に会ったことはないが…
雰囲気   悪★★★☆☆良 鬱蒼とした森の中


banner2.gif
posted by てんくう at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の名水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月28日

上士幌町幌加温泉鹿の谷温泉旅館 〜原生林の中の1軒宿〜

帯広から国道273号線を真っ直ぐ北へ。
十勝と上川の境を成す三国峠の手前。
看板に従って脇道に入り、道なりに進んでいくと幌加温泉はあります。
辺りには人家は一軒もなく、正に原生林の真っ只中の秘湯です。

horoka01.JPG

非常にこじんまりとした印象。
山奥の一軒宿という雰囲気がプンプンして良い感じです。

ちなみに入口付近から温泉が流れ出ており、
天然のロードヒーティングとなっています。

お値段は大人500円と、なかなかリーズナブルです。

horoka02.JPG

内湯です。
様々な泉質があり、幌加温泉の魅力の一つと言えるでしょう。
手前の湯船からナトリウム、鉄、カルシウムとなっています。
写真では見えにくいですが、奥に打たせ湯があります。

なお、手前のナトリウムの湯船の半分は囲いで仕切られており、
壁側が女性専用湯船になっています。
まぁ…壁はあってないようなものです。

horoka03.JPG

露天風呂です。
正に大雪山系の谷の中。
全裸のまま入山することも出来ます。

露天風呂は硫黄泉で、独特の香りがします。
湯温もちょうど良いです。
湯に入っては、山に入りクールダウンというのも良いでしょう。
ただし遭難には注意です。


幌加温泉鹿の谷温泉旅館

アクセス    易★★☆☆☆難 国道からは1km強の舗装路
雰囲気     悪★★★★☆良 大自然に囲まれた秘湯
湯の満足度   低★★★★★高 泉質の多さが魅力的!!

【備考】
@温泉手前に急坂有り。冬はスリップ注意。
A山奥ですが、一年中行けます。
B全裸での入山は自由ですが、湯船に入る時は汚れを落とすこと。


banner2.gif
posted by てんくう at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の公共温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。