2006年10月19日

弟子屈町池の湯 〜北海道一巨大で丸い野湯〜

弟子屈町にある日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖
屈斜路湖自体がそうであるように、湖周辺には火山の副産物が沢山あります。
湖畔にある野湯、池の湯もその一つです。

池の湯への行き方ですが、少々分かりづらいと思います。
道道52号線、砂湯より少し南です。
いなせレジャーランド近くの砂利道を入ります。
砂利道を少し行くと、広い駐車スペース、そして巨大な湯船があります。

ikenoyu01.JPG

その名のとおり、池のような湯船です。
北海道の野湯の中では、間違いなく最大級でしょう。
そして物凄い開放感。
あまりにオープン過ぎて、ちょっと落ち着かないかもしれません。

そしてお湯。
温めで入りやすいと思います。
しかし問題なのは大量の藻
藻が大量に浮遊しており、体中が藻まみれになります。
体には害はないですが、気持ち悪いです。
まぁ、緑とのふれあいだと思って我慢しましょう。

藻が大好きな人は存分に堪能してください。

ikenoyu02.JPG

一応男女別の脱衣所はあります。
扉が外れており、こちらも開放感たっぷりです。
覗かれても文句は言えませんな。

ikenoyu03.JPG

もっと広い所に浸かりたい方へ。
池の湯は水路を通して屈斜路湖と繋がっています。
どうぞ、面積日本第6位の湖に入浴してください。
水路は滑りやすいので、足元には注意です。


池の湯

アクセス    易★★☆☆☆難 分かりにくいが、道道から近い
雰囲気     悪★★☆☆☆良 ちょっと開放的すぎる
お湯の満足度  低★★☆☆☆高 藻が多すぎる

備考
@掃除用具があるので、汚いと思ったら掃除しましょう。
A広いですが、他の人が入浴してる時は泳ぐのはやめましょう。
B水切りをして遊ぶなどもっての他。
C屈斜路湖は温泉ではないので冷たいです。


banner2.gif
posted by てんくう at 15:55| Comment(0) | TrackBack(2) | 北海道の野湯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

積丹町島武意海岸 〜トンネルを抜けると積丹ブルー〜

ダイナミックな海岸が多くの観光客の心を掴んで離さない積丹半島。
その中でも特に美しく、日本の渚100選にも選ばれている海岸があります。
それが今回紹介する島武意海岸です。

島武意海岸の位置は積丹半島のちょうど右上の角にあたります。
付近は積丹岬を含む、無数の岬がひしめくリアス式海岸で、
その中の入り江の一つが島武意海岸なのです。

そんな険しい場所にある島武意海岸ですが、そこまでの道は極めて特殊です。
道道沿いに駐車場があるのですが、
海岸へ行くためには尾根を一つ越えなければなりません。

simamui01.JPG

こんなトンネルをくぐって…。

そうです。
駐車場と海岸の間には尾根が横たわっており、
人一人が通るのがやっとのトンネルがそれを貫いているのです。
なかなか秘境めいていて素敵な雰囲気。
そして狭いトンネルを抜けると…。

simamui02.JPG

眼前、いや眼下に広がる積丹ブルー!!
巨大な奇岩も見事ですが、やはり海の青さは特筆すべきものでしょう。
狭いトンネルをくぐってきただけあって、開放感満点です。
しかし海岸までは険しい階段をひたすら降りねばなりません。

降りてみましょう。

simamui03.JPG

ここは波が比較的穏やかで、夏には海水浴客で賑わいます。
波打ち際ではしゃぐも良し、沖の方へ遠泳するも良し、
岩の上から飛び込むも良し、ゴロ石の上で昼寝するも良し。
思い思いの時間を過ごすことができます。


島武意海岸

アクセス    悪★★★★☆良 道道脇に駐車場
景観度     悪★★★★★良 ダイナミックな奇岩と青い海
観光地度    低★★★★☆高 広い駐車場
バリアフリー度 低★☆☆☆☆高 急な階段

備考
@海岸にはトイレ無し。あらかじめ駐車場付近で用を足しておきましょう。
A密漁はやめましょう。


banner2.gif
posted by てんくう at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道の渚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。